• ホーム
  • トレンド
  • 木造のオフィスビル!? 普及型の純木造8階建てビル、アキュラホームが発表

木造のオフィスビル!? 普及型の純木造8階建てビル、アキュラホームが発表

時事ネタ

2021/10/22 20:00

 アキュラホームは10月21日に、普及資材、工法、施工による木造8階建てビル「普及型純木造ビル」を、埼玉県さいたま市に建築することを発表した。

普及型純木造ビルのイメージ

 普及型純木造ビルは、同社の新社屋として建築され、特殊技術、特殊部資材を多用することなく、日本でもっとも普及している木造軸組み工法の製材、プレカット加工技術などの生産システムを使用する。木造住宅の作り手が施工を担うことで、従来の木造ビルの3分の2のコスト(坪120万円以下)を目指す。また、敷地内には低層中大規模木造建築物も2棟建築し、2024年の完成を予定している。

 普及型純木造ビルは、高さが31mで8階建て。低層中大規模木造建築物は2棟で、2階建て。おもな用途は、事務所、宿泊体験棟、ショールーム、スタジオ、駐車場など。

 同社の、低コストで可能な中大規模木造建築のプロトタイプを構築し、日本の街並みを木質化するという構想に賛同する、東京大学教授の稲山正弘氏、組子構造による美しい建築を手掛ける野沢正光氏、木を活かしたダイナミックな建築を手掛ける原田真宏氏・原田麻魚氏が設計を担当しており、木造の建築技術を存分に体感できる建物となる予定で、純木造では日本初の耐震構造ビルとなる。

 構造体は組子を駆使した世界初の構造になるほか、伝統的な木組み技術とビスだけで壁倍率20倍を超える高耐力組子格子壁を使い、木造8階建てを実現する。
 
内観イメージ

 建築プロセスでは、特注金物や大きな機械、特別な機械に頼らず、普及部材を使用し、実際の建築は地元工務店に依頼するため、一般建築技術の向上にも寄与できる。また、すべての構造材を木造とすることで、1棟のビルで約500戸分の木材を利用する。

オススメの記事