木造注文住宅を手がけるアキュラホームは、さいたま新都心コクーンシティ展示場の同社モデルハウスで、次世代モバイル通信5G新時代を見据え、AIやIoT、ロボット技術を活用したトータルシステムによって運営する無人モデルハウス「ミライモデル」を4月1日に開始する。来場者をロボットが案内するほか、遠隔地のモデルハウスも案内できる最先端のスマートモデルハウスとなっている。

案内ロボット・ゴーカンナ君
 
無人モデルハウストータルリモートシステム

 同社では、「気楽に見たいのに営業されるのを気にして入りづらい」という顧客からの不満の声に対応し、6年前から無人モデルハウスの研究開発に取り組んできた。また、今回の新型コロナウイルス感染者増加に伴い、同社モデルハウスへの来場は昨年と比べ約3割減となっている。こうした状況を受け、顧客と非接触で対応できるトータルシステム開発の加速を図った。

 自走式案内ロボット「ゴーカンナ君」やカメラ、センサー技術を駆使した無人モデルハウスのトータルシステムとしてミライモデルを構築。アキュラホームグループとスマートアライアンスビルダーメンバー(アライアンスメンバー)が共同開発し、生活革命のロボットソリューションによって実現した。

 ミライモデルでは、遠隔操作ができるロボットシステムによって、外を歩いている顧客への呼びかけから、モデルハウスの案内までを行う。人と直接会話することなく、モデルハウスの見学や住宅相談が可能となり、新型コロナウイルス感染症の流行が広がる中でも、安心して来場することができる。

 また、営業担当者はリモートワークによる在宅勤務も可能になるなど、双方にメリットのある仕組みとなっている。このモデルを、今期中に同社が展開する15都府県にそれぞれ1カ所を展開する予定。

 さらに、全国のアキュラグループ、アライアンスメンバーのモデルハウス内にロボットカメラの配備も進めており、一つのモデルハウスにいながら全国130カ所(全て建物の仕様が異なる)から顧客の好みを選出し、その場でリアルタイムの映像によって双方向でバーチャル見学することを可能とした。

 また、モデルハウスに限らず、建築現場などの見学も行うことができる。9月までに全てのモデルハウスで搭載する予定。