• ホーム
  • トレンド
  • 石川県産「加能ガニ」の最高級ブランドは「輝(かがやき)」に決定! 11月6日の漁解禁から

石川県産「加能ガニ」の最高級ブランドは「輝(かがやき)」に決定! 11月6日の漁解禁から

時事ネタ

2021/10/12 11:00

 石川県漁業協同組合は10月8日に、石川県産の雄のズワイガニ「加能ガニ」のさらなる知名度向上とブランドイメージの浸透を図るため、11月6日に漁が解禁される今季から、重さや大きさなどに加えて、鮮度の徹底や資源管理の取り組みといった県独自の内容を含む厳しい認定基準を満たした貴重な加能ガニを、新たに県下統一の最高級品としてブランド化するために、名称を「輝(かがやき)」に決定したことを発表した。

厳しい基準を満たした加能ガニの最高級品、名称が「輝(かがやき)」に

 「輝」は、身がぎっしりとつまった加能ガニの中でも、めったに水揚げされないほどの大きさと、上質なものだけがその名を冠することを許され、全国の高級料亭などに出荷される。

 重さ1.5kg以上、甲羅の幅14.5cm以上、すべての脚が揃っており、甲羅が硬く身入りがよいこと。徹底した鮮度管理が行われ、かつ資源管理に積極的に取り組んでいるという条件を満たした上で、市場の限られた目利き人によって認定された加能ガニだけが「輝」を名乗ることができる。

 「輝」の名称は、北陸新幹線の県内全線開業による需要の高まりも見据えて、最高峰に相応しい豪華絢爛で高級感のあるイメージ、および北陸新幹線「かがやき」にもちなんでいる。

 なお、石川県漁協かなざわ総合市場と同加賀支所の2カ所では、11月6日の初セリに合わせて、各船が厳選した自信の1匹を活ガニとして1枚ずつセリにかけ、グランプリ(最高金額)を決める「蟹-1グランプリ」が19時30分から開催される。
 
石川県漁協かなざわ総合市場および「加能ガニ」のイメージ

オススメの記事