• ホーム
  • トレンド
  • 旅行会社の倒産・廃業、8カ月で過去最多を更新 初の年間200件超に

旅行会社の倒産・廃業、8カ月で過去最多を更新 初の年間200件超に

経営戦略

2021/09/14 07:30

 帝国データバンクは9月10日、2021年1~8月の旅行会社の倒産や廃業が累計136件に達したと発表した。

2021年1~8月の旅行会社の倒産や廃業は累計136件に

 この数字は、新型コロナ禍初年の2020年通年の件数(129件)を超え、過去最多を更新した。このペースが続けば、21年における旅行会社の倒産・廃業累計件数は、平年を大きく上回り、初の年間200件超えが避けられない情勢となっている。
 
旅行会社における倒産・廃業は「旅行代理店」が最多で、
17~19年の平均と比較して76%増

 旅行会社の倒産・廃業の動向は、取り扱う旅行の種類や業態により差がみられ、「旅行代理店」(74件)がもっとも多く、旅行会社の倒産・廃業全体の半数を占めた。また、新型コロナ禍の長期化を背景に、コロナ前の3年間平均(17~19年1~8月の平均)と比較して76%増、20年の同期比で61%増となっている。
 
2021年6月時点での旅行業の景気DIは8.0に留まる

 企業の景気動向を示す景気DIでは、旅行業は緊急事態宣言下の2020年4月に過去最低の0.0を記録しており、以降はGo To トラベル事業の恩恵もあって景況感に回復傾向がみられたものの、短期間のうちに停止へ追い込まれたことで再び悪化。21年6月時点では8.0に留まった。

オススメの記事