• ホーム
  • トレンド
  • 住まいの購入相談「プラウドオンラインサロン<首都圏エリア>」スタート

住まいの購入相談「プラウドオンラインサロン<首都圏エリア>」スタート

販売戦略

2021/09/10 18:30

 野村不動産は、新築分譲マンションの購入検討者向けに、PC・タブレット端末を利用して無料でオンライン相談ができる「プラウドオンラインサロン<首都圏エリア>」を開始した。オンライン予約フォームからの事前予約制で、相談開始時間は月曜~金曜日の10時~16時。
 

新サービス「プラウドオンラインサロン<首都圏エリア>」

 今年5月に開始した先行トライアルサービスでは、70件を超える相談実績がある。新サービスは、野村不動産の分譲マンション・戸建事業の営業部門で経験を培った社員が専任担当者となり、物件の選び方や予算の立て方など住宅購入のための基本的なノウハウから、首都圏で販売するプラウドシリーズ全物件(広告展開中・販売中の物件)から、複数の物件情報をまとめて紹介する。相談時に気に入った物件のモデルルーム・モデルハウスの予約も可能。
 
新築マンションは間取りのコンパクト化が進む

 新築マンション購入にあたり、従来はモデルルーム見学、相談、資金計画検討(住宅ローン仮審査申込)、要望書提出、重要事項説明・契約といった流れだったが、新サービスのオンライン相談によって、コロナ禍において外出ができない、首都圏外に住んでいる、特定の物件が決まっていないといった理由でモデルルームを見学できない場合でも住宅購入の検討を進めることができる。

 オンライン相談では、物件の販売価格表(価格未定物件除く)、間取り、完成予想CGや敷地図面なども案内する。最後には、伝えた内容をまとめた「フィードバックシート」を渡し、今後の住まい探しが円滑に進むようにサポートする。1回の所要時間は60~90分。

オススメの記事