• ホーム
  • トレンド
  • ヘルシーにロースト! 1年で約10万台売れた無電源スーパー調理器がMakuakeで先行限定販売

ヘルシーにロースト! 1年で約10万台売れた無電源スーパー調理器がMakuakeで先行限定販売

販売戦略

2021/08/23 16:30

 アジアングルメは、ソロキャンプ用ポケットストーブ「ROTO-Q 360」を、応援購入サービスMakuakeで8月22日から先行販売開始した。

ポータブルサイズの「ROTO-Q 360」

 「ROTO-Q 360」は、昨年5月に発売され、販売開始約1年で約10万台の売り上げを記録し、世界中のキャンパーやアウトドア愛好家、料理好きのなかで注目を集めている。同製品では、つまみを回すことで運動エネルギーを蓄えるギアボックスを採用しているため、電気や燃料を一切必要としない。調理時間は、手動でつまみを一定の回転数で回すことで設定でき、様々な食材に最適な調理時間を実現することができる。
 
ローストチキン調理例
 

 食材が回転することで、不要な油脂がドリップトレイに落ち、健康的な仕上がりになる。従来の味、見た目を保ちつつ少ない油で揚げ物を楽しむこともできる。

 「ROTO-Q 360」の重量はわずか2.5kg。バックパックにも簡単に入る超ポータブルサイズなので、キャンパーやハイカー、アウトドア愛好家が持ち歩くのに最適なアイテムとなっている。また、持ち運びに便利なだけでなく、ガス/炭火のグリルや焚き火台などに取り付けて、キャンプや旅行などで使用することができる。

 収納スペースが限られている場合でも、簡単に保管することが可能。キッチンの引き出しにも入るサイズに折りたためるので、他のかさばる調理器のようにカウンターのスペースを取ることもない。

 パーツが引き出せて、簡単に水洗いできるため、食事の後の掃除の手間が大幅に省ける。従来の調理器具よりもとても簡単に掃除ができる。

 Makuakeでの先行販売は、10月30日までの約2か月間限定となる。目標金額は10万円。

オススメの記事