• ホーム
  • トレンド
  • PayPay、アプリでコードを読み取る「スキャン支払い」で20%還元 9月13日から

PayPay、アプリでコードを読み取る「スキャン支払い」で20%還元 9月13日から

 地域経済を活性化を目的に全国の自治体と共同で「あなたのまちを応援プロジェクト」を実施しているPayPayは、街のお店を応援する「街のPayPay祭(まちのペイペイまつり)」を9月13日~11月28日に実施する。

みんなで街のお店を応援しよう!「街のPayPay祭」を実施

 PayPay加盟店のうち、キャンペーンポスターなどのある対象加盟店で、PayPayアプリでレジなどに掲出されたコードを読み取り、支払額を入力して決済する「スキャン支払い」を利用すると、1回・期間中合計1000円相当を上限に、決済額の最大20%のPayPayボーナスを付与する。オンライン加盟店は対象外。
 
ユーザースキャン方式のイメージ

 さらに、8月25日~11月28日の対象期間中に初めてPayPayを利用したユーザー、過去6カ月間(2021年3月1日~9月12日)に一度もPayPayを利用していないユーザーは、20%のPayPayボーナスを上乗せして付与するため、最大40%還元となる。対象の支払方法はPayPay残高、ヤフーカード、PayPay後払い(一括のみ)で、ヤフーカード以外のクレジットカードは対象外。

 9月13日開始の「街のお店を応援!最大1,000円相当 20%戻ってくる」と、全国各地の「あなたのまちを応援プロジェクト」は併用可能。この機にあわせ、慣れないと会計に時間がかかりやすい、ユーザースキャン方式とも呼ばれる「スキャン支払い」の使い方を復習しておこう。

オススメの記事