• ホーム
  • トレンド
  • 2022年以降にオープン予定の大型商業施設 気になる店舗・エリアは?

2022年以降にオープン予定の大型商業施設 気になる店舗・エリアは?

時事ネタ

2021/08/15 08:30

 今年4月28日、ヨドバシカメラは山梨県内初出店となる「ヨドバシカメラ マルチメディア甲府」をオープン。またノジマは、「MitteN(ミッテン府中)」を5月から順次開業した。どちらも、閉店した駅前百貨店の跡地を建物ごと購入し、全面リニューアルして開業した。以前からある出店パターンだが、ヨドバシカメラへの生まれ変わりはかなりインパクトがあったようだ。
 

ヨドバシカメラ マルチメディア甲府 外観イメージ

 これら駅ビルより店舗面積の広い、駅直結の大規模郊外型ショッピングセンターも各地にあり、鉄道でも自家用車でも行きやすいと好評だ。

 アウトレットモールとなるが、三菱地所・サイモンは、2018年10月開業の秩父鉄道の新駅「ふかや花園駅」から徒歩3分の駅前立地に「ふかや花園プレミアム・アウトレット」をオープンすると正式発表した。開業時期は2022年秋の予定。
 
ふかや花園プレミアム・アウトレット。
こうした商業施設誘致は、区画整理事業の定番となりつつある

 ふかや花園プレミアム・アウトレットのほか、21年秋に「イオンモール Nagoya Noritake Garden」、22年春に「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」、22年夏に栃木県内初の「コストコ」出店(栃木県壬生町)、23年秋に「イオンモール横浜西口(仮)」と、多数の大型商業施設の開業が決定済み。
 
主要三駅から徒歩でアクセス可能なオフィス複合型商業施設
「イオンモール Nagoya Noritake Garden」
 
既存の「横浜ビブレ」とあわせ、横浜駅西口エリアのにぎわい創出を目指す
「イオンモール横浜西口」

 このうち、イオンモール Nagoya Noritake Gardenは、商業施設開発と“働く人と企業の成長を支えるオフィス”を融合する事業フォーマットの構築の1号店と、トライアルの側面をもつ。開業時期は延期になることもあるが、気になる施設・店舗があれば覚えておこう。(BCN・嵯峨野 芙美)
 

オススメの記事