• ホーム
  • トレンド
  • アイリスオーヤマ、22年度の高卒採用枠を3割増で過去最多「600人」に

アイリスオーヤマ、22年度の高卒採用枠を3割増で過去最多「600人」に

経営戦略

2021/07/07 15:00

 アイリスオーヤマは7月7日、2022年度の高卒採用枠を当初計画の470人よりも28%増となる130人を上乗せし、グループ過去最多となる600人に拡大すると発表。22年通期で高卒・大卒・中途採用を合わせて1680人を採用する予定だ。

高卒採用枠を600人に拡大したアイリスオーヤマ

 アイリスオーヤマは2022年にグループ売上高1兆円の達成を目標に掲げるなど事業を拡大している。今回の採用枠の拡大は、製品品質の向上と安定した物流体制の構築を目的に国内5工場(角田、埼玉、富士小山、米原、鳥栖)を中心に「製造職」と「技術職」の採用を強化する。
 
2022年度の採用枠の内訳

 また、ネット通販事業の拡大に対応するため、仙台(アイリス青葉ビル)では「事務職」の採用を強化するという。
 
不織布マスクの国内生産など新規事業を拡大している

 同社では、新型コロナ対策で不織布マスクの国内生産を稼働させたり、法人向けビジネスとして非接触で発熱者を検出するAIサーマルカメラを軸とするAIカメラソリューション事業を拡大させたり、秋には除菌ウェットティッシュと医療用N95マスクの生産開始を予定したりするなど、新規事業の拡大に取り組んでいる。

オススメの記事