• ホーム
  • トレンド
  • “和”テイストなユニクロ浅草、6月4日オープン! 限定商品も多数

“和”テイストなユニクロ浅草、6月4日オープン! 限定商品も多数

店舗

2021/06/02 19:00

 ユニクロは、6月4日にオープンする「ユニクロ浅草」のメディア向け内覧会を、開店に先駆けて6月2日に実施した。立地は、つくばエクスプレスの浅草駅からほど近い、東京楽天地浅草ビル1階・2階。同店のコンセプトは、「Our Neighborhood!」。コロナ禍で来訪者が減っている浅草の活性化と地域とともに成長していける店舗を目指すという。

6月4日にオープンする「ユニクロ 浅草」

 地域活性化の施策として、店内には「地域協業エリア」を設けるほか、江戸手描提灯を手掛ける職人による1.8mの巨大提灯を入り口に設置。堂々とした姿で来店客を出迎える。
 
入り口に吊り下げられた巨大提灯

 1階は、主にウィメンズの商品が中心。入り口の左には、7店舗目となる生花売場がある。その奥は、ユニクロと併設されている、全国各地の名産品をそろえた「まるごとにっぽん」とコラボしたコーナー。日本酒のラベルなどが印刷されたTシャツを紹介。浅草店限定のUTme!スタンプがあることを説明する。
 
7店舗目となるユニクロの生花売場
 
浅草店限定デザインとして
日本酒の名前が印刷されたシャツなどが紹介されている

 地域協業エリアは、メンズやキッズ商品が並ぶ2階。浅草や近隣で、モノづくりやデザインなどを手掛ける店舗とコラボレーションしている。雪駄×スニーカーを実現した「goyemon」や、日本の伝統技術を現代の生活に取り入れる「soi」、カクカクとした形が特徴的なペーパークラフトを手掛ける「ボグクラフト」など、さまざまな業種の店舗が集う。なお、コラボした店舗の商品はユニクロ浅草店で販売していない。購入する場合は、それぞれの店舗を訪ねることになる。
 
「goyemon」コラボコーナー
 
「soi」コラボコーナー
 
「ボグクラフト」コラボコーナー

 ユニクロ 浅草店の田島優太店長は、こうした取り組みについて「服を購入しにいらっしゃった方に、浅草や近隣に素敵な店舗があることを知っていただき、ぜひ実際に訪れていただきたい」と狙いを語る。

“浅草”にあるユニクロ

 浅草になじむよう、店舗のいたるところに“和”を想起させる仕掛けを施している。まず外観や売場の説明には、寄席などをイメージさせる千社札と江戸文字を使用。店舗前には、「満員御礼」などと書かれたのぼりがズラリと並ぶ。店内では、ユニクロの人気商品であるステテコと同じ柄のうちわを飾ったり、デニム製の風鈴をつるしたりと、季節感も演出。出口には人力車を飾り、浅草を印象付ける。
 
千社札と江戸文字を使った看板
 
ステテコの柄をイメージしたうちわやデニムの風鈴
 
人力車とアンバサダーのドラえもん

 試着室の壁も見どころだ。1階には、絵師のESOW氏が直接壁面に描いたレトロな浅草の風景を捉えたオート三輪のグラフィックがある。さらに、個室の前には昭和の浅草を象徴するモノクロ写真が、家具ブランド「ウッドワーク」の木製フレームに入って飾られている。2階には、ESOW氏の令和をイメージして描いたグラフィックスと、現代の浅草を写した写真が同じく「ウッドワーク」の額に入って飾られている。
 
ESOW氏によるグラフィック
(左1階、右2階)
 
「ウッドワーク」の額に入った浅草の今昔

 また、オリジナルTシャツが作れるUTme!を店頭でデザインできるコーナーも設置。地域の組合や店舗とコラボした浅草店限定のスタンプも用意し、来店を促すと同時に地域の広報も行う。デザインを決めたら、来店状況にもよるが、5~10分で出来上がるという。浅草 常盤堂とコラボした豆皿も浅草店限定で販売する。
 
UTme!を作れるカウンター
 
5000円以上購入した先着3000人にプレゼントされる湯呑み

 その他、オープン期間中は地元とともに盛り上げるため、さまざまな特典や浅草店限定コラボ商品を用意。先着2000人に常盤堂の「雷おこし」を入れたオリジナルバッグ、5000円以上購入した先着3000人には「ユニクロ浅草」オリジナル湯呑みをプレゼントする。また、開店後3日間はオリジナルデザインのショッパーも無料で提供するという。

オススメの記事