• ホーム
  • トレンド
  • 楽天カード、「カード2枚目」の発行可能に ブランド・デザイン選べる

楽天カード、「カード2枚目」の発行可能に ブランド・デザイン選べる

販売戦略

2021/06/02 18:30

 楽天カードは、既存の楽天カード会員に対し、2枚目の「楽天カード」の発行を本格的に開始する。併用していた他社のクレジットカードを置き換え、楽天ポイントを集中的にためる、家族の出費(生活費)と個人の出費(趣味費)の使い分け、電子マネーチャージ専用など、さまざまな使い方が可能。対象カードを保有する楽天カード会員は、会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」から簡単に申し込める。費用は、2枚目に無料カード(楽天Edy付帯なし)を選んだ場合が無料。

2枚目の「楽天カード」を原則誰でも持てるように

 同時に、「2枚目の楽天カードを作成&利用でもれなく1,000ポイントプレゼント」キャンペーンを開催。「楽天カード」または「楽天PINKカード」を2枚目として申し込み、申込日の翌月末までに1回以上利用すると、もれなく1000ポイントをプレゼントする。
 
好きな国際ブランド・デザインの2枚目のカード作成・利用で、もれなく1000ポイントプレゼント

 生計を一にする夫婦・パートナーは、毎月の収入から公共料金や保険料などの固定費を支払い、残額の一部を貯蓄口座に入れ、別途、一定額を夫と妻の双方、または片方のみに渡す「小遣い制」が多いといわれる。ただ、共働き世帯の増加を受け、家計の固定費の支払いを項目ごとに分担する「夫婦別会計」でやりくりするケースも増えているとみられる。夫婦別会計の場合、家計の「見える化」が難しかった。
 
2枚目の楽天カードの活用例

 楽天カードの2枚目のカードを発行した上で、1枚目を家計の固定費の支払い専用とすることで、プライベートの出費を配偶者に知られることなく、明細を家族に開示して共有できる。従来のポイント還元とは全く異なる観点で、楽天カードのメリットが増える戦略的な取り組みといえるだろう。(BCN・嵯峨野 芙美)

オススメの記事