• ホーム
  • トレンド
  • 洋服の青山、全店在庫と連動した「デジタル・ラボ」を今期100店に導入

洋服の青山、全店在庫と連動した「デジタル・ラボ」を今期100店に導入

販売戦略

2021/06/02 15:00

 青山商事は5月31日、ネットとリアルの融合システム「デジタル・ラボ」の導入を2022年3月末までに新たに100店に導入すると発表した。独自のOMO型店舗を全国に拡大していく。

「デジタル・ラボ」を使った接客イメージ

 デジタル・ラボは、16年の開始以来5年で「洋服の青山」約60店に導入してきた、ネット連携による豊富な在庫数とリアル店舗の接客サービスの両メリットを最大限に生かした独自システム。

 導入店の店内には、全店の在庫と連動するタッチパネル式の大型サイネージやタブレット端末を複数設置し、顧客はこれらの端末を通して、ECサイトに加えて全国の店舗の在庫から好みの商品を選ぶことができる。
 
ECサイトや全国の店舗から好みの商品が選べる

 また、店在庫をゲージ見本として試着や採寸が可能なため、実際の商品の色柄や着心地などを確認した上で、販売員の接客を受けながら購入することができる。

 このシステムを利用して商品を購入すると商品は自宅に配送となるため、購入後は手ぶらで帰ることができ、後日店に商品を受け取りに行く手間も不要となる。

オススメの記事