• ホーム
  • トレンド
  • としまえん跡の“ハリー・ポッター”施設が正式着工 2023年前半にオープン

としまえん跡の“ハリー・ポッター”施設が正式着工 2023年前半にオープン

経営戦略

2021/05/19 08:30

 英ロンドンでメイキング・オブ ハリー・ポッターを運営するワーナー ブラザース スタジオツアーズとワーナー ブラザース ジャパンは5月17日、5月13日の起工式に続き、23年前半にオープン予定の「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ‐メイキング・オブ ハリー・ポッター(スタジオツアー東京)」を正式に着工したと発表した。

としまえん跡のハリポタ施設が正式着工

 約3万平方メートルの広さをもつ施設が、練馬区としまえん跡地にオープンする予定。世界中から多くの人々が訪れるスタジオツアーロンドンの成功に続き、ワーナー ブラザース スタジオツアー東京では、たくさんの人にこれまでにない体験と学びを楽しんでもらえる、新しいスタイルのエンターテイメントを提供する。

 屋内スペースには、映画「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」シリーズの印象的なシーンセットなど、“魔法ワールド”の世界観が展示され、来場者は魔法の世界を楽しみながら、映画の舞台裏の秘密を学ぶことができる。

 また、スタジオツアー東京は、来場者が歩いて回れる体験型エンターテイメント施設として、大きな映画撮影スタジオ型の建物や屋外に建てられた家のセットも用意する。これらに加えて、来場者や地域の人々がくつろげる広場をスタジオツアーの正面入り口前に作る予定。

 今後、ワーナーグループと伊藤忠商事西武鉄道、芙蓉総合リースは、関係者間で相互に連携し、同プロジェクトを推進していく。

オススメの記事