• ホーム
  • トレンド
  • 酒類提供禁止を受け、江戸時代から続く酒蔵が「NonTitle(無題)」の特別価格販売

酒類提供禁止を受け、江戸時代から続く酒蔵が「NonTitle(無題)」の特別価格販売

販売戦略

2021/05/01 10:00

 明利酒類は4月27日~5月の期間限定で、純米吟醸と梅酒に例年のようなブランド名を付けず、銘柄「NonTitle.(無題)」として、特別価格での販売を同社のオンラインショップで開始した。純米吟醸1.8Lと本格梅酒1.8Lのセットで、価格は5500円。

NonTitle.

 NonTitle.の販売は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響で、東京都などで3回目となる緊急事態宣言が発令され、飲食店での酒類の提供が禁止されたことを受けて行われる。

 NonTitle.という銘柄には、緊急事態宣言が発令され、飲食店での酒類の提供が禁止されているときだからこそ、「心がほっとする、和らぐ」お酒の価値を感じてもらいたい、という想いが込められている。

オススメの記事