• ホーム
  • トレンド
  • noteのハート数3万以上! JIMA初のAwards受賞作は「全財産を使って外車買ったら、えらいことになった」

noteのハート数3万以上! JIMA初のAwards受賞作は「全財産を使って外車買ったら、えらいことになった」

 インターネットメディア協会(JIMA)は、卓越した創造性、アイディア、イノベーションをもたらしているクリエーター、メディアやメディア運営に取り組んでいる人々を顕彰する「第1回 Internet Media Awards(インターネット・メディア・アワード)」を創設し、3月30日に受賞作を発表した。

「第1回 Internet Media Awards」各部門の受賞作品

 Internet Media Awardsは、日本のインターネットメディアの質的向上、認知獲得、業界の更なる発展を目的としており、第1回となる今回は2020年1月1日~12月31日に公開されたコンテンツ、または活動を対象に公募を実施し、JIMA会員の投票による第一次選考、専門家や識者からなる選考委員の討議による最終選考を経て、受賞作を決定している。

 同アワードは、「テキスト・コンテンツ」「ビジュアル・コンテンツ」「スポンサード・コンテンツ」「メディア・イノベーション」「メディア・ビジネス」「ソーシャル・インパクト」の6部門で構成され、最終選考会における議論にて「選考委員特別賞」が追加され、計7部門・7作品の受賞が決定した(ただし、メディア・ビジネスは該当作なし)。

 さらに、これらの受賞作品の中から、岸田奈美氏の「全財産を使って外車買ったら、えらいことになった」が、「Internet Media Awardsグランプリ」に選出されている。

 同作品について選考委員の篠田真貴子氏は、「題材としては暗い苦労話になっても不思議はないところ、ユーモアと感謝にあふれた明るい一人称のテキストが、人々の心をつかんだ。本記事は日本で話題になり(note のハート数3万以上)、それがきっかけでボランティアによって10か国語に翻訳された。インターネットらしい広がりだ。ともするとインターネットメディアには「炎上」「分断」など怖く荒れたイメージが強く、敬遠しがちな人もいる。でも、インターネットには前向きな可能性もたくさんある。受賞作はそれを示す好例だ」との選評を寄せた。

 各賞の受賞作品には、テキスト・コンテンツ部門に岸田氏の全財産を使って外車買ったら、えらいことになった、ビジュアル・コンテンツ部門にcrystal-z氏の「crystal-z Sai no Kawara」、スポンサード・コンテンツ部門に井土亜梨沙氏・勢村大樹氏・久世和彦氏・山田剛司氏の「#もっと一緒にいたかった 男性育休100%プロジェクト」(Forbes JAPAN)、メディア・イノベーション部門に国立科学博物館の「おうちで体験!かはくVR」、ソーシャル・インパクト部門にユニ・チャームの「話そう、知ろう。生理のこと。『#NoBagForMe』プロジェクト-生理用品のソフィ」、選考委員特別賞に岩永直子氏(BuzzFeed Japan Newsエディター)と取材班によるBuzzFeed Japan NewsにおけるHPVワクチン報道が、それぞれ選ばれている。

 なお、新型コロナ禍のため集合形式による表彰式などは行わず、各受賞作の代表者にオンライン会議形式にて表彰状が贈呈された。

オススメの記事