• ホーム
  • トレンド
  • 最大16連休も可能? 2021年のゴールデンウィークは日の並びが◎

最大16連休も可能? 2021年のゴールデンウィークは日の並びが◎

時事ネタ

2021/04/01 19:00

 新年度のスタートを前に4月末からのゴールデンウィーク(以下、GW)を意識し始めた人も多いだろう。今年は3月の春分の日が土曜日だったため、まとまった連休は久しぶり。しかも、日の並びが良く、有給などをうまく利用すれば最大16連休を取得することも可能だ。

今年のGWは日の並びが良く、最大16連休も可能

 一般的には今年のGWは、4月29日の「昭和の日」から5月5日の「こどもの日」までの期間となる。日の並びが悪い年だと、5月1日と2日が平日で飛び石連休になることもあるが、今年は1日が土曜日、2日が日曜日。4月30日を休みにすれば7連休を取得することが可能だ。
 

 もう少し休みが取れるという人であれば5月6日と7日で有給を取って4月29日~5月9日の11連休、さらに余裕があるならGW突入前の4月26日~28日を休みにすることで4月24日~5月9日の16連休とすることができる。

 今年はコロナ禍ということもあり、旅行や行楽はしにくい状況にあるので、近場でゆっくりリフレッシュしたり、自宅で趣味に没頭したりする人が多いだろう。計画的に予定を組んで、有意義な休日にしたいところだ。

オススメの記事