• ホーム
  • 業界動向
  • +Styleがeスクーター特設サイトをオープン、3ブランド7製品をラインアップ

+Styleがeスクーター特設サイトをオープン、3ブランド7製品をラインアップ

販売戦略

2021/03/31 20:00

 プラススタイルは、次世代モビリティのeスクーターを販売する専用コーナー「+Style eスクーターコーナー」を3月30日に開設した。公道走行が可能な日本メーカー製eスクーター「Free Mile Plus」など、3ブランド7製品を同日から順次予約販売を開始する。

「+Style eスクーターコーナー」が3月30日に開設された

 +Style eスクーターコーナーは、近年注目を集めるeスクーターを複数ブランドのなかから選んで購入できる特設サイト。同時に、新カテゴリの商品に対する顧客の疑問や不安を解消するため、オウンドメディア「+Style MAGAZINE」で、eスクーターの乗り方やトレンド、法制度の解説などを行うコンテンツを順次公開する。

 今回予約販売を開始するeスクーター7製品は、Segway-Ninebotの5製品と、国産メーカーであるクリエイティブジャパンとKINTONEの各1製品。なお、クリエイティブジャパン製eスクーターの取り扱いは、+Styleが他社ECサイトでは初となる。
 
左上から時計回りに「Free Mile Plus」「Kintone Model One」「Kickscooter Air T15」

 4月から販売を開始するクリエイティブジャパンのFree Mile Plusは、原動機付自転車の保安基準に適合しているため、ナンバープレートの取得・取り付け、ヘルメットの着用、走行時の免許証携帯、自賠責保険に加入することで公道で乗ることができるeスクーター。
 

 最高時速45kmの高い走行性能をもち、直径25.4cm、太さ8cmのオフロードに対応した10インチタイヤを備えており、小石やデコボコした車道の路肩、側溝なども走りやすいよう設計されている。前輪・後輪にそれぞれ2つ、計4つのサスペンションを搭載して段差の衝撃を吸収し、快適な走行をサポートする。

 48V/10Ahの大容量リチウムイオン電池を搭載することで、最大航続距離は30~40kmを実現。バッテリー着脱が可能なため、充電時間を気にせずに交換したり、航続距離を気にせずに走行することができる。

 同じく、4月から販売開始するKINTONEの「Kintone Model One」は、スタイリッシュで持ち運びやすいeスクーター。最高速度は通常モードで25km/h、パワーセービングモードでも18km/hと一般的なeスクーターと同等の性能ながら、eスクーターのように見えないミニマルなデザインを実現している。
 

 簡単に折りたためる機構の採用に加えて重量が12.5kgと、持ち運びやすいeスクーターとして利用できる。満充電時には13~18kmの走行が可能で、250Wの電動モーターと8.5インチタイヤが快適な走行環境を作り出す。

 ボタン一つでシンプルな操作を実現。電源ON/OFFとライト、走行モード切り替えの3種類を、ハンドル部分中央部のボタンで設定できる。また、LEDインジケーターが同じ中央部に配置されており、バッテリー残量を常に確認することができる。

 3月30日に販売を開始したSegway-Ninebotのeスクーターは、ハイエンドeスクーター「Kickscooter MAX」をはじめ、「Kickscooter Air T15」「Kickscooter E25」「Kickscooter ES2」「Kickscooter E22」の5製品。グローバルで人気を集めるSegway-Ninebot製品は、アプリ「Segway-Ninebot」と連携することでバッテリー残量などの車両ステータスの確認や、走行した距離の履歴などを確認することが可能となっている。
 

 ハイエンドモデルのKickscooter MAXは、航続可能距離が65kmにおよび、バッテリー管理システム「Smart-BMS」により短絡や重電・放電・過電流などのバッテリー監視を強化。350Wのブラシレスモーターや加速・安定性・ブレーキに優れた後輪駆動方式を採用することでパワフルな走行性能を実現している。

 また、Kickscooter Air T15は、GOOD DESIGN AWARD 2020を受賞した洗練された近未来のデザインが特徴のスタイリッシュなeスクーター。同社製品として最もコンパクトで軽量なボディに加え、高いエネルギー効率を実現している。重さは約10.5㎏、折りたたみ時のサイズは102.4×20.2×22.3cmと、高さと幅がとともに20cm強に収まるため持ち運びに最適となっている。

 このほか、Kickscooter E25は、700Wのピークパワーモーターを搭載しており急勾配でもパワフルに駆け上がることができる。また、Kickscooter ES2は、シンプルなeスクーターで最大25kmの走行が可能。一方のKickscooter E22は、ドイツのiF Product Design Awardを受賞。航空機仕様の一体型アルミ合金を採用し、軽量性と耐久性を両立している。

 価格は、クリエイティブジャパンのFree Mile Plusが17万3800円、KINTONEのKintone Model Oneが6万5780円、Segway-NinebotのKickscooter MAXが14万3000円、Kickscooter Air T15が13万2000円、Kickscooter E25が12万1000円、Kickscooter ES2が11万0000円、Kickscooter E22が11万0000円。

オススメの記事