• ホーム
  • 業界動向
  • 最大64人対戦の「スーパーボンバーマン R オンライン」、マルチプラットフォームで年内配信決定!

最大64人対戦の「スーパーボンバーマン R オンライン」、マルチプラットフォームで年内配信決定!

 コナミデジタルエンタテインメントは、「スーパーボンバーマン R オンライン」のダウンロード版を、Nintendo Switch、PlayStation 5、PlayStation 4、Xbox Series X/S、Xbox One、Steamのマルチプラットフォーム向けに、基本プレー無料(一部有料コンテンツあり)での配信を2021年内に予定している。

スーパーボンバーマン R オンライン

 スーパーボンバーマン R オンラインは、パーティバトルゲーム「ボンバーマン」シリーズの最新作で、ボムを使用してライバルと戦うシンプルなルールをそのままに、世界中のプレーヤー最大64人による同時対戦を実現した「バトル64」モードを新たに搭載する。

 バトル64モードでは、アイテムを奪い合いながら時間経過とともに閉じられていくエリアを行き来し、最終的に残る一つのエリアで最後まで生き抜いた人が勝利となる。
 
「バトル64」モードのイメージ

 これまでの「ボンバーマン」シリーズでおなじみの、シンプルな対戦が楽しめる「スタンダード」モードや、チーム対戦が可能な「グランプリ」モードも備えている。スタンダードモードで最大16人までの同時対戦に対応し、グランプリモードで1対1、2対2、3対3のチーム対戦ができる。
 
「スタンダード」モードや「グランプリ」モードも搭載

 キャラクターのコスチュームは着せ替えが可能で、ボムのカスタマイズによる独自の爆風演出も楽しめる。
 
キャラクターのコスチューム着せ替えや、ボムのカスタマイズにも対応
 
初参戦の「リヒターボンバー」(左)と「ロビー君ボンバー」

 登場キャラクターは、おなじみのボンバーマン8兄弟に加えて、人気キャラクターである「リヒターボンバー」(「悪魔城ドラキュラ」シリーズ)と、「ロビー君ボンバー」(「サイレントヒル」シリーズ)が初参戦する(無料本編ではボンバーマン8兄弟をゲーム初期から使える)。

オススメの記事