• ホーム
  • トレンド
  • あんこう鍋など緊急事態宣言延長の“おうち時間”を贅沢に、生産者とシェフが共同開発

あんこう鍋など緊急事態宣言延長の“おうち時間”を贅沢に、生産者とシェフが共同開発

販売戦略

2021/02/04 17:30

 料理人を中心とした食のスペシャリストが全国の食の事業者の支援を行うプロジェクト「チーム・シェフ」を運営するリトルワールドと、プロジェクトのパートナー企業であるTeNは、生産者とシェフの共同開発によって、「あんこう鍋」「海鮮鍋」「クエ鍋」を商品化した。新型コロナウイルスや自然災害で被害を受けた生産者やメーカーの食材に特化した販売支援販売サイト「たべまる」で、2月4日から販売している。

(左から)「あんこう鍋」「海鮮鍋」「クエ鍋」

 商品化には、あんこう料理専門の温泉旅館「魚の宿まるみつ」、三重県の水産加工会社「紀伊長島」と、東京都内の人気繁盛店のシェフ松本一平氏(ラぺ)、村田明彦氏(鈴なり)が協力。緊急事態宣言が延長となり、“おうち時間”を贅沢にするという考えで共同開発した。

 また、飲食店に食材を卸す生産者が苦しんでいることから、プロジェクトの参加シェフから少しでも力になりたいという声が上がって商品化に踏み切った。

 税込みの価格(送料込み)は、「まるみつ旅館×鈴なり村田明彦 日本一のあんこう鍋セット(2人前)」が7870円、「紀伊長島 豪華海鮮鍋×ラペ監修 特製スープ付き」が1.1kg相当(2~3人前)で6960円、2kg相当(4~5人前)で9780円、「紀伊長島 本クエ鍋×ラペ監修 特製スープ付き」が770g相当(2~3人前)で8729円、970g相当(4~5人前)で1万1730円となっている。

オススメの記事