• ホーム
  • トレンド
  • 1kmメッシュで花粉量データを取得するAPI公開、スマート家電との連携に期待

1kmメッシュで花粉量データを取得するAPI公開、スマート家電との連携に期待

販売戦略

2021/01/21 18:26

 ウェザーニューズは、高精度の気象データと最新技術の活用によって企業のDXを推進し、ビジネス課題を解決する「WxTech(ウェザーテック)」サービスで、「1kmメッシュ花粉予報API」の提供を1月20日に開始した。

「1kmメッシュ花粉予報API」提供データのイメージ

 1kmメッシュ花粉予報APIは、1kmメッシュの高解像度な花粉飛散量と花粉ランクを1時間ごと/48時間先まで提供するサービスで、家や施設周辺のピンポイントな花粉データを高頻度で取得できる。花粉ランクは飛散量に合わせて、少ない・やや多い・多い・非常に多いの4段階で予報を行う。

 花粉データは、クラウドに保存され、APIなどによってデータを取得可能なので、企業の既存システムとの連携が容易で、緯度・経度を指定することで対応する1kmメッシュの花粉予報データを得られる。

 まもなく、PM2.5と黄砂データのAPI提供を開始する予定で、花粉データとあわせた先行提供にも対応する。

 なお、同社によれば2021年は2月上旬から花粉の飛散が開始し、2月下旬にピークを迎える見込みで、飛散量は昨シーズンの1.6倍と予想している。

オススメの記事