• ホーム
  • 業界動向
  • 「PayPayクーポン」発行可能な加盟店を拡大、個人商店なども配信可能に

「PayPayクーポン」発行可能な加盟店を拡大、個人商店なども配信可能に

販売戦略

2020/12/24 06:30

 PayPayは、PayPay加盟店向け管理システム「PayPay for Business」のPayPayマイストアから、それぞれの加盟店がPayPayユーザー向けに独自の「PayPayクーポン(決済総額型)」を配信できる機能の提供を12月22日に開始した。

加盟店が独自のPayPayクーポンを配信可能に

 PayPayクーポン(決済総額型)は、加盟店がPayPayでの支払いに対して任意でPayPayボーナスの付与額などを設定可能な機能。ユーザーは、PayPayアプリ上でクーポン取得後、対象店舗でPayPayで支払うと自動でPayPayボーナスの付与特典を受けられる。

 今回、提供が開始された新機能によって、個人商店などでも手軽に独自のクーポンを配信できるようになった。

 加盟店は、クーポンの配信対象、特典として付与するPayPayボーナスの付与条件や付与率、金額などが自由に設定可能なほか、クーポン配信後の詳細分析などにも対応しており、効率的で有効な施策の実施につなげられる。ユーザーが取得したクーポンは、決済時に自動適用されるので、従来型のクーポンや割引券を配布した際に発生する、確認や回収といったオペレーションも発生しない。
 
配信対象やクーポンの内容設定画面(左)と、利用状況の確認・分析画面のイメージ
 
「『PayPayマイストア』トライアルキャンペーン」適用イメージ

 加盟店がクーポンを利用するには、PayPayマイストア有料サービスへの加入が必要となる。現在、PayPayマイストアでは、「ライトプラン」の初期費用および契約月とその翌月の月額料金を無料にする「『PayPayマイストア』トライアルキャンペーン」を実施している。

オススメの記事