• ホーム
  • トレンド
  • 東京ディズニーランドと東京ディズニーシー、チケットの変動価格制を導入

東京ディズニーランドと東京ディズニーシー、チケットの変動価格制を導入

販売戦略

2020/12/23 18:00

 オリエンタルランドは、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの2021年3月20日入園分チケットから、変動価格制を導入する。変動価格制の導入によって、時期や曜日ごとに異なるチケット価格が設定されることになる。

変動価格制を導入したチケット価格

 今回の変動価格制導入は、入園者数の繁閑差を平準化することを目的に行われ、今後のチケット価格帯の変更について、東京ディズニーリゾートのオフィシャルウェブサイトで適宜発表となる。

 その他、2021年2月20日入園分から、ディズニーホテルに宿泊するゲスト向けに、午前8時から東京ディズニーシーへの入園が可能な「アーリーエントリーチケット」を販売する。同チケットの利用によって、ほかのゲストよりも一足先にアトラクションの体験やスタンバイパスの取得などができるようになる。2021年2月19日に販売開始で、税込み価格は3000円(入園には、別途「1デーパスポート」の購入が必要)。

オススメの記事