• ホーム
  • 業界動向
  • ヨドバシカメラ、コロナで被害受けた生産者の食材を送料無料・産地直送で支援

ヨドバシカメラ、コロナで被害受けた生産者の食材を送料無料・産地直送で支援

販売戦略

2020/12/09 18:00

 ヨドバシカメラは12月7日、ネット通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」で農林水産省の「#元気いただきますプロジェクト」に参加していることを発表。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている生産者の対象商品の販売を「産地直送」「送料無料」で支援する。

ヨドバシカメラが参加している「#元気いただきますプロジェクト」

 ヨドバシカメラが10月27日から参加している#元気いただきますプロジェクトは、新型コロナにより、在庫の滞留や売り上げの減少などが顕著な食材の販売促進を支援し、消費者においしく味わってもらうための取り組み。新型コロナの被害を受けた生産者の支援にもつながる。対象商品は、約20アイテム。大分県の豊後牛、大分県産のぶりなどを産地直送、送料無料で届ける。

 合わせて、ヨドバシ・ドット・コムでは販売を希望する生産者を募集している。

オススメの記事