• ホーム
  • トレンド
  • 【今週のキャッシュレスニュースまとめ】年末に得するスマホ決済のキャンペーンは? PayPayやau PAYで高還元のチャンス

【今週のキャッシュレスニュースまとめ】年末に得するスマホ決済のキャンペーンは? PayPayやau PAYで高還元のチャンス

 2020年もいよいよ最終月に突入した。新型コロナウイルスに翻弄された1年だったが、締めくくりとなる12月もまだまだ警戒を緩めることはできなそうだ。この年末はできるだけ出費を抑えたいという人も多いだろう。12月に入り、各スマートフォン(スマホ)決済サービスは新しいお得なキャンペーンを開始しているので、ぜひ活用してほしい。

PayPayはくじ&キャンペーンを開催 人気の花王コラボも

 PayPayは、12月1日に抽選で決済金額の最大全額(100%)のPayPayボーナスを還元する「ペイペイジャンボ(オンライン)」を開始。対象はオンラインストアで、還元上限は10万円相当/回・期間。当たりくじの内訳は、1等が100%、2等が10%、3等が2%還元。
 

 また、一部ストア限定になるが、くじとは別に必ず5~20%還元が受けられる「年末年始もオンラインがお得!」キャンペーンも開催。こちらの還元上限は5000円相当/回・期間。期間はどちらも1月11日まで。

 くじの対象ストアは、PayPay公式ホームページで公開中。デリバリーでUber Eats、ピザハットオンライン、フードでほっともっと、吉野家、大阪王将公式通販、エンタメでBookLive!、BOOK☆WALKER、DMM.com、家電でEDION、ドスパラ、e-BESTなどがある。
 

 9月に第1弾が開催された「花王商品の購入で最大40%戻ってくる」キャンペーンの第2弾も12月1日にスタート。対象店舗で1000円(税込み)以上の花王商品を購入すると、40%相当を還元する。還元上限は2000円相当/回・期間。PayPayの全ての支払方法が対象で、使いやすいのも特徴だ。期間は12月31日まで。

au PAYはマツモトキヨシとオーケーで20%還元

 au PAYは、12月1日に「たぬきの大恩返しキャンペーン」を開始。マツモトキヨシ・オーケー・ほっともっとで最大20%還元、百貨店・アパレル・ショッピングセンターで最大10%還元する。

 還元上限は、マツモトキヨシが1au ID当たり500ポイント/回、1500ポイント/期間、オーケーが1au ID当たり800ポイント/回、2500ポイント/期間。ほっともっとが1au ID当たり1500ポイント/期間。
 
 
 

 百貨店・アパレル・ショッピングセンターは、小田急百貨店、西武、高島屋、ららぽーと、ロフトユニクロなど幅広い店舗が対象。還元上限は、1au ID当たり500ポイント/回、1500ポイント/期間。
 

 また、auコマース&ライフが運営するネット通販の「au PAY マーケット」でも12月3日に「BIG SALE」を開始。12月8日まで「最大49%のポイント還元」のほか、「タイムセール」や「スペシャルクーポン」の三つの特典を用意している。タイムセールでは、商品ラインアップが1日3回更新されるので、小まめにチェックしておくのがおすすめだ。
 

楽天ペイは西友グループで5%OFFキャンペーン

 楽天ペイは12月1日に「西友」「LIVIN」「サニー」の全国300以上の店舗で利用可能になった。それを記念して、12月31日まで「【楽天ペイ 冬の大還元祭】西友・LIVIN・サニーで最大5%還元キャンペーン」を開催している。還元上限は500ポイント。
 

6サービス横断のコークオンキャンペーン

 日本コカ・コーラが開催しているCoke ON Payのキャンペーンは、6サービスを横断した企画だ。対象のスマホ決済サービスは、PayPay、LINE Pay、楽天ペイ(アプリ決済)、au PAY、d払いメルペイ。決済方法に各スマホ決済サービスを登録した上で、Coke ON Pay対応自動販売機でCoke ON Payアプリからコカ・コーラ製品を購入すると、期間中各社200円相当を上限に、決済金額の50%相当が戻ってくる。
 

 12月は、年末年始に向けて各社からまだ新しいキャンペーンが発表されることが予想される。対象の店舗がキャンペーンがごとに設定されているケースが多いので、賢く複数のサービスを使い分けるのが、一番お得を高める方法になるだろう。(BCN・大蔵大輔)

オススメの記事