• ホーム
  • 業界動向
  • 冬のボーナス「支給されない/わからない」が約40%、フリーウェイジャパン調査

冬のボーナス「支給されない/わからない」が約40%、フリーウェイジャパン調査

データ

2020/12/04 12:00

 フリーウェイジャパンは、小企業/零細企業の従業員218人と代表取締役174人を対象に「2020年度冬のボーナス実態調査」を実施し、調査結果を発表した。

フリーウェイジャパンが実施した20年度冬のボーナス実態調査

 20年度の冬のボーナス支給について聞いたところ、「支給されない」が36.2%、「未定」が4.1%となった。半数以上が無事に冬のボーナスを受け取ることができるが、約40%の従業員が、支給されるかわからない、または支給されない状況であることが明らかになった。

 支給されない理由については「会社の業績不振のため」が27.8%、「コロナウイルス感染拡大による経営悪化」が24.1%と経営状況によって大きく左右されている。また、支給されないと回答した人のうち「ボーナス制度がない」が51.9%と小企業、零細企業の賞与制度の実態も明らかになった。

 ボーナスが支給された、または支給予定で金額を把握している人に使い道を聞いたところ、1位が「預金・貯金(43.2%)」、2位が「生活費(29.6%)」、3位に「趣味・娯楽(9.9%)」といった結果に。多くの人が将来に向けた貯金・貯金にボーナスを割り当てていることが明らかになり、経済状況や将来に対する不安を感じていることが推測される結果となった。

 ボーナスが支給された、または支給予定で金額を把握している人の支給額を聞いたところ、最多が「10万円-20万円未満」、2位が「20万円-30万円未満」、次いで「30万円-40万円未満」という結果になった。東証一部上場企業の平均といわれる、約35万円を下回る「10万円-30万円未満」の支給額が多いことが明らかになった。

 夏のボーナスと比べて増減があったか聞いたところ、「変化なし」が65.4%と最多、増加したとの回答も27.2%あり、コロナ禍でも夏のボーナス以上の支給額だった人が多数を占めるポジティブな結果となった。

 一方で、来期のボーナス支給について聞いたところ、「期待できない」との声が59.6%と半数以上を占める結果となり、来期については不安を感じている従業員が多数いることが明らかになった。また、小企業/零細企業の代表に対し、来期のボーナス支給について見込みが立っているか聞いたところ、「立っていない(36.2%)」、「わからない(39.7%)」となっており、先の見えない厳しい状況であることが予測される結果になった。

オススメの記事