• ホーム
  • 業界動向
  • Go To Eat予約は無断キャンセルが少ない、コロナ禍での無断キャンセルは「体調不良」が急浮上

Go To Eat予約は無断キャンセルが少ない、コロナ禍での無断キャンセルは「体調不良」が急浮上

データ

2020/11/20 12:00

 TableCheckは、全国の20~60代の男女1113人(男性は556人、女性は557人)を対象に実施した「飲食店の無断キャンセルに関する消費者意識調査」の結果を11月19日に発表した。調査は、11月6~9日の期間に行われている。

無断キャンセルの理由は「場所確保のためのとりあえず予約」が1位に

 調査結果によれば、無断キャンセル理由の1位は「場所確保のためのとりあえず予約」だった。
 
これまでは6位以下だった「体調不良」が2位に急浮上

 これまでの調査では6位以下だった「体調不良」が、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって2位に急浮上している。
 
Go To Eat」利用者の無断キャンセル率は、通常時と比較して大幅に低い

 Go To Eatキャンペーンにおいて、オンライン予約サイトを利用したユーザーの無断キャンセル状況を調査したところ、Go To Eat利用者の方が無断キャンセルが少ないことが分かった。

 これまでの調査によれば、無断キャンセルをしたことがある人は10%前後だったが、Go To Eatキャンペーンを利用してオンライン予約サイトから予約したユーザーの無断キャンセル率は3.3%にとどまっている。
 
無断キャンセル時に使用していた予約手段、キャンセルしやすいと感じる予約手段ともに、
「グルメサイト」が1位、「電話予約」が2位となった

 無断キャンセル時に使用していた予約手段は「グルメサイト」が1位で、「電話予約」がそれに続いた。また、キャンセルしやすいと感じる予約手段を尋ねた質問でも、同様にグルメサイトが1位、電話予約が2位となっている。
 
効果的だと思う無断キャンセル対策は
「予約時のクレジットカード情報の入力」や「来店日前の電話による予約確認」

 効果的だと思う無断キャンセル対策としては、「予約時のクレジットカード情報の入力」という回答が最も多く、「来店日前の電話による予約確認」が続いた。
 
7割近くの消費者がキャンセル料の支払いは妥当だと回答

 キャンセル料請求の妥当性を尋ねた質問では、7割前後の人がキャンセル料の支払いを妥当だと回答している。
 
グルメサイトを使う理由は「便利・簡単」「ポイントが貯まる」

 グルメサイトを利用する理由は、「便利・簡単」が最多で、「ポイントが貯まる」がそれに続いた。一方で、「確実」という理由は他の手段と比較して圧倒的に少ない。

オススメの記事