• ホーム
  • 業界動向
  • GAPの年に一度の「ブラックフライデー」、会員ならさらに20%オフ

GAPの年に一度の「ブラックフライデー」、会員ならさらに20%オフ

販売戦略

2020/11/19 12:00

 アパレル大手のGAPは11月20~27日、年に一度のスペシャルイベント「BLACK FRYDAY」を全国のGapストアとGapオンラインストアで開催する。オンラインでは19日から先行して販売している。

GAPの「BLACK FRYDAY」。オンラインは19日から先行販売

 ストアでは対象アイテムが「ブラックフライデー価格」で販売される。オンラインストアでは総額から20%オフになる。また、GAPメンバーシップ会員は割引価格からさらに20%オフが適用される。会員登録は当日入会でもOKで、LINEからも登録できる。
 

 ストアでのブラックフライデー特別価格(税込み)は、例えば、通常価格3990円の対象フーディーが特別価格3290円になり、さらに会員価格なら2632円になる。通常価格2990円の対象セーターが特別価格2490円になり、さらに会員価格なら1992円などになる。

 日本におけるGAPのブラックフライデーは、2015年にアパレルで初めて開催。今年で6回目となる。

オススメの記事