Googleフォト、容量無制限の無料は21年5月まで

販売戦略

2020/11/12 17:00

 Googleは、同社が提供するクラウドストレージサービス「Google フォト」について、2021年6月1日以降は高画質(16MP)で画像を無料保存できる容量が無制限ではなくなると発表した。以降、画像を保存する場合は、アカウントごとに割り当てられている無料の容量(15GB)を使用するようになる。

Googleフォトに無料で無制限に高画質の画像を保存できなくなる

 Googleフォトに画像を保存する際は、高画質か元の画像を選択する必要がある。これまで高画質で保存する場合は、サイズが16MPを上回る画像は16MPまで圧縮されるが、無制限に保存することができた。また、動画も1080pを上回る場合は1080pまで圧縮されるものの、保存容量に制限はなかった。

 一方、元の画質で保存する場合は、無料で最大15GBまで、Googleフォト/Gmail/ドライブ共有で利用できる容量を使用する。

 21年6月1日以降は、元の画質だけでなく、高画質で保存する場合も共有の容量を使用するようになる。ただ、それより前に保存していた画像・動画については、容量を使用することなくそのまま保存しておくことができる。

 なお、保存容量が上限に達した場合は、Google Oneで追加の保存容量を購入するか、コンテンツを削除して空き容量をつくることになる。自動バックアップを設定している場合は、突然、保存容量が上限に達する可能性もあるので、事前に確認しておきたい。

オススメの記事