• ホーム
  • 業界動向
  • ワーケーションに半数以上が興味あり! ChargeSPOTが青空ワーク応援キャンペーン開催

ワーケーションに半数以上が興味あり! ChargeSPOTが青空ワーク応援キャンペーン開催

 INFORICHは、テレワーク実施者を対象に行った、テレワークとワーケーションに関する意識の変化についての調査結果を10月27日に発表した。調査は、テレワークを週に1回以上実施している全国の20~40代の男女1000人に対して、10月初旬に行われている。

9割超が「自宅(屋内)」でテレワークを実施

 調査対象者に、テレワークを実践している場所を尋ねたところ、93%が「自宅(屋内)」でテレワークを行っていると回答した。
 
「自宅(屋内)」におけるテレワークの最大の課題は「リフレッシュ/気分転換しづらい」

 自宅(屋内)でテレワークを実践していると答えた人に、自宅(屋内)でのテレワークの課題を尋ねた質問(複数回答)では、「リフレッシュ/気分転換しづらい環境である」という回答が最も多い。
 
ワーケーションの実施者は少ないものの、6割超が興味を持っている

 政府が支援する、休暇(vacation)を兼ねて滞在して仕事(work)をする「ワーケーション」の実施経験については、「すでに実施している」という回答は5%にとどまったものの、「やってみたいと感じるがまだ実施できていない」「興味はあるが現実的に難しいと感じる」を合わせた62%が、ワーケーションに興味を抱いていることが分かった。
 
ワーケーションをやりたい理由は「気分転換になりそう」

 ワーケーションについて「やってみたいと感じるがまだ実施できていない」「興味はあるが現実的に難しいと感じる」と答えた人に、興味がある理由を尋ねたところ(複数回答)、「気分転換になりそう」という回答が最多となっている。
 
ワーケーションを実施できない理由は「お金がかかる」「旅行に行くなら休みたい」
「仕事と休暇のメリハリをつけたい」「会社の仕組み上、実施が難しい」など

 同じく、ワーケーションを「やってみたいと感じるがまだ実施できていない」「興味はあるが現実的に難しいと感じる」と答えた人に、ワーケーションを実施できない理由を尋ねた質問(複数回答)では、「お金がかかる」「旅行に行くなら休みたい」「仕事と休暇のメリハリをつけたい」「会社の仕組み上、実施が難しい」といった意見が寄せられた。
 
7割近くがカフェやコワーキングスペースでのテレワークに不安や嫌悪感

 カフェやコワーキングスペースといった、密閉された屋内空間に不特定多数の人がいる場所でのテレワーク実施について、不安や嫌悪感を感じるかを尋ねたところ、不安や嫌悪感を感じるという回答(「当てはまる」「やや当てはまる」の合計)は、68%に達している。
 
開かれた空間(屋外)での仕事、6割超の人が「リフレッシュになる」と回答

 テラスや公園など、開かれた空間(屋外)で働くことが、リフレッシュになると思うかを尋ねた質問では、65%の人がリフレッシュになると回答した(「当てはまる」「やや当てはまる」の合計)。
 
6割超がたまには開放的な空間気分転換をしながら働きたい

 日常の行動範囲内の場所であれば、たまには開放的な空間(カフェテラス、公園、図書館など)で、手軽に気分転換をしながら働きたいと感じるかを尋ねたところ、62%の人が感じる(「当てはまる」「やや当てはまる」の合計)と答えている。
 
屋外での仕事に対する不安、インターネット環境やPC/スマホの充電切れを上げる意見が多い

 テラスや公演など、開かれた空間(屋外)で働くことに対する不安としては(複数回答)、インターネット環境のほか、「PCやスマートフォンの充電切れが心配」という意見が多く寄せられた。
 
青空ワーク応援キャンペーン

 なおINFORICHは、10月27日~11月30日の期間中に、同社が運営するモバイルバッテリシェアリング「ChargeSPOT」において、専用アプリ上でクーポンコード「aozorawork」を入力することで、新規ユーザーならモバイルバッテリを48時間無料でレンタルできる、「青空ワーク応援キャンペーン」を実施する。

 庭やテラス、公園など屋外の開放的な空間で仕事をする様子を、ハッシュタグ「#青空ワーク #ChargeSPOT」を付けてTwitterまたはInstagramに投稿すると、抽選で5名にワイヤレスイヤホンをプレゼントするSNSキャンペーンも、11月30日まで行っている。

オススメの記事