USJの任天堂エリア、2021年春に開業 カフェは先行オープン

販売戦略

2020/10/07 19:00

 ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)は10月7日、任天堂の世界をテーマにした世界初のエリア「SUPER NINTENDO WORLD(スーパーニンテンドーワールド)」を2021年春に開業すると発表した。

USJで2021年に開業する「SUPER NINTENDO WORLD」

 新エリアのオープンに先駆けて「マリオ」の世界をいち早く楽しめるよう、10月16日に新エリアとは別にパーク内ハリウッド・エリアに「マリオ・カフェ&ストア」を開設する。マリオの世界が散りばめられた飲食店舗と物販店舗が一体になった新店舗で、“世界にここだけ”だという。
 
 
10月16日にオープンするマリオ・カフェ&ストア

 マリオとルイージの帽子をデザインしたモニュメントや、イメージカラーである赤と緑を基調にした外観など、マリオの世界をUSJに再現している。内装にはマリオでおなじみの“キノコ”をイメージしたカラフルなテーブルを設置。

 また、フードメニューにも、マリオとルイージの帽子をモチーフにした「パンケーキ・サンド マリオの帽子 ~いちごのショートケーキ~」や「フルーツ・クリームソーダ マリオのいちごクリームソーダ」、見た目もかわいい「スーパーキノコ・ドリンクボトル」などを取りそろえる。
 
マリオ・カフェ&ストアのフードメニュー

 カフェと隣接するショップでは、マリオ&ルイージの帽子や、ピーチ姫の王冠など、ゲームでおなじみのアイコンをモチーフにした、オリジナルグッズを展開。「WHOSE CAP?(誰の帽子?)」と描かれたデザインが特徴的なシリーズを中心にラインアップする。
 
USJオリジナルグッズも展開する
 
グッズショップの内観

 SUPER NINTENDO WORLDは、USJ初となる多層式エリアとして登場する。マリオカートや人気キャラクターのヨッシーをテーマにした家族で楽しめるライドアトラクションほのか、レストラン、ショップなど、従来のテーマパークならではの体験ができる。さらに、実際に自分の身体を使って飛び、ブロックをたたき、コインやアイテムを集めるなど、ゲームの世界観を再現したテーマパークになるという。

オススメの記事