KDDI、沖縄セルラーは、会社分割によって2020年10月からKDDIが提供する通信サービスのサブブランドとなるUQ mobileからauへの番号移行時の負担を軽減する「UQモバイル→au番号移行プログラム」の提供を10月1日に開始する。

全国のKDDI直営店で「UQ mobile」を10月1日から取り扱う

 番号移行時に本来発生するUQ mobileの契約解除料9500円、番号移行手数料3000円、auの新規事務手数料3000円を実質無料とし、さらに、データ使い放題となるauの「データMAX 5G」「データMAX 4G LTE」などの対象プランを契約すると、利用料金から12か月間、毎月3020円割り引く。

 つまり、毎月1000円割り引く「スマホ応援割III」が適用される当初6カ月間は、誰でもUQ mobileの「プランR」よりも500円上乗せした月額3600円で、月間データ容量が2GB未満の場合はさらに安い月額1980円で利用できる。番号移行プログラムによる割引額の合計は3万6240円。

 適用条件は、「UQモバイル利用開始日から365日以上経過」「ギガMAX月割に加入」「ギガMAX月割加入者と同一のUQ家族割グループに所属」のいずれかを満たしていること。auの対象料金プランは、データMAX 5G ALL STARパック、データMAX 5G テレビパック、データMAX 5G Netflixパック、データMAX 5G、データMAX 4G LTE テレビパック、データMAX 4G LTE Netflixパック、データMAX 4G LTE。

 なお、UQモバイル→au番号移行プログラムと、「auスマートバリュー」「家族割プラス」は重複適用されない。また、au Online Shopでの契約は対象外。
 
UQモバイル→au番号移行プログラムの特典内容

 ソフトバンクもまた、条件を満たすワイモバイル契約者がソフトバンクに番号移行で乗り換えると事務手数料を無料にする「ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典」を提供している。大容量プランは、メインブランドに寄せたい思惑がうかがえる。

 なお、全国22店舗のKDDI直営店では、10月1日からUQ mobileのサービス・製品を取り扱う。auは最先端・高品質、UQ mobileは低廉・安心のブランドと位置づけ、通信とライフデザインを融合した新しいライフスタイルの提案を行っていく。