無人決済システムの開発を進めるTOUCH TO GO(TTG)と紀ノ国屋は10月16日、JR山手線の目白駅改札外に、無人決済小型スーパーマーケット「KINOKUNIYA Sutto 目白駅店」を開業する。オープンすれば、TTGが開発した無人決済システムの外部導入第1店となる。

10月16日にオープンする無人決済小型スーパーマーケット
「KINOKUNIYA Sutto 目白駅店」

 同店は、「スッと寄るだけで楽しい紀ノ国屋」がコンセプト。これからのニューノーマルになる無人決済システムを導入した新しいブランドだ。

 TTG無人決済システムは、カメラなどの情報から入店した顧客が手に取った商品をリアルタイムに認識。決済エリアに顧客が立つとタッチパネルに商品と購入金額が表示される。顧客は出口でタッチパネルの表示内容を確認して支払いをするだけで、買い物をすることができる。

 支払方法は交通系ICカードとクレジットカード。営業時間は平日が8時~20時、土日祝日が8時~19時。問い合わせについては、遠隔コールセンターで一括対応する。

 両社は、KINOKUNIYA Suttoを通じて、レジでの商品スキャンが必要ない買い物の利便性と、省人化による店舗オペレーションコストの低減の実現を目指す。