帝国データバンクは、全国2万3689社を対象に調査・集計した2020年8月の国内景気動向を景気DIとして9月3日に発表した。

2020年8月の景気DIは29.7でわずかに回復

 調査によれば、20年8月の景気DIが3カ月連続で前月比0.6ポイントプラスの29.7となっている。国内景気は緩やかに持ち直しが見られたものの、わずかな回復にとどまっている。今後は、個人消費の持ち直しが期待されるが、横ばい傾向で推移するとみられる。
 
個人消費の持ち直しが期待されるものの、今後は横ばいの見通し

 業界別では、「製造」や「運輸・倉庫」など7業界で前月からプラスになったものの、全業界で40を下回る低水準での推移が継続した。また、「小売」「農・林・水産」などの3業界は悪化している。
 
地域別では景気の持ち直し状況に二極化も

 地域別では、「北海道」「南関東」など10地域中6地域がプラスとなり、「北関東」「北陸」「東海」「近畿」が悪化した。公共工事の発注や自宅内消費がプラス材料となった一方で、独自の緊急事態宣言による生産活動の抑制や、長雨と猛暑による農作物への悪影響もみられる。