• ホーム
  • 業界動向
  • 企業の人手不足感が大幅に低下、「旅館・ホテル」は人手が過剰に

企業の人手不足感が大幅に低下、「旅館・ホテル」は人手が過剰に

データ

2020/05/27 17:00

 帝国データバンクは、人手不足に対する企業の見解についての調査結果を5月25日に発表した。

企業の4月時点での人手不足感は前年と比較して大幅に減少

 調査結果によれば、正社員が不足している企業は31.0%(前年同月比19.3ポイント減)で、4月として4年ぶりに4割を下回り、人手不足割合が大幅に減少している。一方、人手が「過剰」と回答した企業は21.9%で、前年同月比で13.5ポイント増加した。
 
4月としては4年ぶりに人手不足感が4割を下回っており、多くの業種で人手不足割合が減少する中で
「電気通信」は人手不足割合が増加

 正社員の人手が不足している業種については、「農・林・水産」「建設」(どちらも48.2%)が最も多く、「メンテナンス・警備・検査」「電気通信」「情報サービス」が続いている。

 今回の調査では、多くの業種で人手不足割合が大きく減少したが、「電気通信」は在宅勤務の需要増によって人手不足割合が大幅に増加した。

 非正社員が不足していると答えた企業は16.6%(前年同月比15.2ポイント減)で、4月としては7年ぶりの1割台であり、人手不足割合として「各種商品小売」(55.3%)が最も高く、「電気通信」「農・林・水産」などが続いている。
 
新型コロナの影響で「旅館・ホテル」では正社員・非正社員ともに人手が「過剰」に

 そのほか、インバウンド需要によって人手不足状態が続いていた「旅館・ホテル」は、新型コロナウイルス感染症の影響で業務量が減少したことから、正社員・非正社員ともに人手が「過剰」とする企業の割合が全業種で最も高かった。

オススメの記事