• ホーム
  • 業界動向
  • ダイナミックプライシングの導入を推進、DATAFLUCTのDXサービス

ダイナミックプライシングの導入を推進、DATAFLUCTのDXサービス

経営戦略

2020/08/31 10:00

 DATAFLUCTは、売り上げや来店者数、商品原価や在庫数などの自社データと、気象情報や人流データなどの外部データを組み合わせて分析し、精緻に価格変動をコントロールする“ダイナミックプライシング”の導入を推進するサービス「DATAFLUCT dynamic-pricing.」の提供を8月26日に開始した。

DATAFLUCT dynamic-pricing.

 DATAFLUCT dynamic-pricing.は、同社が展開する“ビッグデータ分析を用いた未来予測による、企業経営上の意思決定を推進するためのデジタル・トランスフォーメーション(DX)”を支援するDXサービス事業「DATAFLUCT DX series.」の第4弾となるもの。

 新サービスでは、構造化・非構造化を問わない多種多様なデータを一つに集約し、一元管理を可能にしたデータ分析基盤「データレイク」を活用。需要・供給の予測や設定した利益率を踏まえ、独自のアルゴリズムで最適な価格や予算額を提示し、利益額の最適化を目指す。

 また、顧客社内に存在するデータだけでなく、気象や人流、SNSなど豊富な外部のデータを組み合わせて分析することで、現状に適した、より精緻な価格変動のコントロールを実現する。活用可能な外部データは、気象情報(天気・気温)、モバイル空間統計・人流、カメラ、カレンダー、SNS、ウェブクローリング、イベント、立地・地理情報、IoTセンサーなどとなる。

オススメの記事