ピークアウトはまだ先に? 熱中症の最新状況

トレンド

2020/08/28 19:00

 総務省消防庁が発表している熱中症情報によると、8月17~23日の1週間に全国で熱中症で救急搬送された人数は速報値で1万2799人、前週の1万2804人からほぼ横ばいで推移した。


 前年の同時期は、5566人とすでにピークアウトしていたが、長引く猛暑やマスク着用の影響で、今年はまだリスクの高い状態が続いている。都道府県別でも、ほぼ全ての地域で前年を大きく超える救急搬送が記録されている。
 

 発生場所は、住居が45.4%、公衆(屋内)が7.1%と、室内が過半数を上回っている。外出自粛で在宅時間が伸びていることが影響している模様だ。9月に入っても、しばらくは現在の厳しい残暑が続く予報なので、水分補給やエアコンの使用など継続して気を配る必要がありそうだ。(BCN・大蔵 大輔)

オススメの記事