• ホーム
  • 業界動向
  • 米制裁でも出荷台数トップに、ファーウェイがスマホ市場で成長維持

米制裁でも出荷台数トップに、ファーウェイがスマホ市場で成長維持

データ

2020/08/06 20:00

 香港のカウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは、Market Monitorによるスマートフォン出荷台数に関する最新の調査結果を、8月6日に発表した。

スマートフォン出荷台数シェア 2020年第2四半期

 調査によれば、2020年第2四半期のグローバルなスマートフォン市場は、前年同期比でマイナス24%とこれまでにない減少となり、出荷台数が2.714億台となっている。

 一方で、米国による貿易規制を受けたにも関わらず、HuaweiはSamsungを抜いてグローバルスマートフォン市場でトップとなった。

 このような結果について、カウンターポイントのアソシエイトディレクターであるTarun Pathak氏は、「同社は今や中国市場のほぼ半分(47%)のシェアを獲得しており、中国市場への出荷はHuaweiの出荷全体の71%と、昨年の62%から伸びている」と語るとともに、「Huaweiはロシアやウクライナなど一部の東欧市場で健闘しているものの、中国国外の市場が回復してくると、首位の座を維持することは難しくなるだろう」とも指摘している。

 そのほか、グローバルスマートフォン市場全体について、カウンターポイントのリサーチアナリストであるVarun Mishra氏は、「この四半期を通じて、月ごとにグローバル市場における出荷台数は回復しており、6月は5月と比較して34%の回復をみせた。インドなどでは、積みあがった需要によって6月はコロナ以前のレベルに達している。世界が回復基調にあり、よい兆しがみえる」とコメントした。

オススメの記事