• ホーム
  • 業界動向
  • デザインLED電球「Siphon Trad」をMakuakeで、ビートソニックが先行販売

デザインLED電球「Siphon Trad」をMakuakeで、ビートソニックが先行販売

販売戦略

2020/08/06 16:31

 ビートソニックは、特徴的で美しいフィラメントをもつデザインLED電球「Siphon Trad(サイフォントラッド)」を、8月6日にクラウドファンディングサイト「Makuake」で販売を開始した。価格は、「LDF100 The Bulb」が4620円、「LDF101 Edison」が5500円、「LDF102 Ball95」が6930円。一般発売は11月上旬を予定している。

Siphon Trad

 同社はこれまで、「照明のプロに寄り添う照明ブランド」として設計士の空間イメージを高いレベルで再現するためデザインLED電球「Siphon」の開発を主に進めてきた。今回、設計士から明るさが最重要ではなく、白熱電球のような雰囲気を醸し出す電球を使いたいという要望を受け、Siphon Tradを開発した。

 Siphon Tradは、点灯時に優しい雰囲気を演出し、不点灯時にインテリアとして効果を発揮する。古き良き白熱電球の形を用い、雰囲気を損なわずに白熱電球の15倍ほどの長寿命を実現。現代的な空間である、ホテル、飲食店、結婚式場、アミューズメントパーク、オフィスなど、さまざまな空間への導入をイメージしたデザインとなっている。

オススメの記事