• ホーム
  • 業界動向
  • 扇風機の羽にセットする使い捨て空気洗浄フィルター「洗空気」、ユニークから

扇風機の羽にセットする使い捨て空気洗浄フィルター「洗空気」、ユニークから

販売戦略

2020/08/05 20:30

 デジタル・モバイル周辺機器のユニークは、扇風機が空気洗浄機に早変わりする使い捨て空気洗浄フィルター「洗空気(センクウキ)」を「Makuake」クラウドファンディングでプロジェクトをスタートした。一般予定販売価格は3980円。Makuake支援特典価格は2980円から。


 洗空気は、一般の扇風機に取り付けて使用できる高除去率の使い捨て空気洗浄フィルター。扇風機の羽を外して取り替えるだけで、空気清浄機に早変わりする便利な商品となっている。オフシーズンの扇風機や使用していない扇風機を、必要に応じて花粉・ハウスダスト対策として有効活用することができる。

 仕組みは、扇風機の回転する遠心力を利用して前方と後方から効率的に空気を吸い込み、フィルター側面からクリーンな空気を排出する独自構造。フィルター部は、高除去率のHEPAを使用しており、0.3μm以上の物質(花粉・ハウスダウト・PM2.5など)を99.97%除去できる。

 家庭では、10.2平方メートルの部屋(約6畳)から最大26.5平方メートルの部屋(約16畳)まで対応。また、1分で10.2平方メートル中の超微細な塵の除去テストを実施したところ、1.3平方メートルも(約500mlペットボトル1.5本分)除去することができたという。

 製品の交換タイミングは、フィルター部が黒く変色してきたら交換の目安。1日約8時間の使用で4~6カ月使用できる。使い捨てフィルターは、手入れの必要がなく衛生的な商品となっている。

オススメの記事