フリマアプリ「メルカリ」では8月4日16時現在、「ポビドンヨード」の成分を含まない「イソジン クリアうがい薬」が通常の4、5倍程の価格で出品されている。通常価格は1000円程度だが、5000円で出品されているケースもある。背景には、大阪府の吉村洋文知事が8月4日の会見で、大阪府立病院機構「大阪はびきの医療センター」と共同で発表した、イソジンなどのうがい薬が、新型コロナウイルスに感染した際の重症化予防になり得るとする研究結果があるとみられる。

8月4日16時30分現在のメルカリ(「イソジン」で検索)

 研究の内容は、新型コロナの軽症患者41人に対し、「ポビドンヨード」の成分を含むうがい薬で1日4回のうがいを4日間実施。その結果、ポビドンヨードを含まないうがい薬を使っている人より、ポビドンヨードを含むうがい薬を使っている人の方が、ウイルス陽性頻度が低かったというもの。ポビドンヨードはイソジンのほか「明治うがい薬」などに含まれており、需要が高まることを見越して高額転売のターゲットにされている可能性がある。なお、冒頭のイソジン クリアうがい薬はポビドンヨードを含まないので注意したい。

 今後、府は同センターで療養患者の同意を得て、重症化予防効果の検証研究を続ける方針。また、軽症者の重症化予防への活用を視野に、患者を受け入れている医療機関に研究成果を情報提供していくという。このほか、発熱など風邪に似た症状のある人やその同居家族、接待を伴う飲食店の従業員、医療従事者や介護従事者にポビドンヨードを含むうがい薬でのうがいを行うよう呼び掛けていくとしている。

 なお、8月4日17時現在、イソジンうがい薬の公式サイトの接続が不安定になっている。また、例えばネット通販「ASKUL」でイソジン クリアうがい薬の在庫を確認すると、「メーカー都合により販売停止中」などと表示される。しばらくは、在庫を確認するのも難しそうだ。