リクルートは、同社が運営するオーダーエントリーシステム「Airレジ ハンディ」で、顧客のスマートフォン(スマホ)からいつでも簡単に注文できる「セルフオーダー」の提供を7月30日に開始した。

利用イメージ

 Airレジ ハンディは、注文・調理・配膳を簡単にするオーダーエントリーシステム。iPod touchを利用してハンディを導入できるため、従来のPOSよりも低コストで利用できる。18年4月にサービスの提供を開始し、さまざまなジャンルの飲食店に導入されている。

 今回提供するセルフオーダーは、店側が提示するQRコードを顧客に読み取ってもらうだけで、顧客のスマホから注文できるようになるストレスフリーな注文スタイル。特別なアプリのダウンロードや、事前の登録も不要。注文業務をセルフオーダーにすることで、スタッフはこれまで以上に顧客へのサービスに注力できる。

 顧客は、自身のスマホで欲しいタイミングにすぐ注文できるようになり、「何度店員を呼んでも来てくれない」「ずっと待たされている」などの不満を解消し、満足度アップにつながる。また、機会損失が減り、客単価アップが期待できる。さらに、接触機会を低減できるため、顧客とスタッフ双方に感染症対策に積極的という安心感を与えることができる。