楽天グループの楽天ペイメントは、7月29日から、楽天ペイアプリの支払方法に、楽天カード以外が発行するJCB、American Express(アメックス)ブランドのクレジットカードを追加した。

利用可能な店舗を拡大している楽天ペイ(アプリ決済)

 アプリをアップデートすると、従来から対応していた楽天キャッシュ、楽天カード(Visa/JCB/アメックス/Mastercard)、他社のVisa/Mastercardのクレジットカードとあわせ、多彩な選択肢から支払方法が選べるようになった。支払いに利用できるクレジットカードの国際ブランド数はコード決済で最多という。
 
従来と変更後の比較

 なお、一部の店舗では、今回追加したJCB/アメックスカードでは支払いが不可となる。使えるお店は順次拡大していく。

 楽天キャッシュは、楽天カードや楽天銀行の口座、フリマアプリ「ラクマ」の売上金から手数料0円でチャージして使えるオンライン電子マネー。チャージした楽天キャッシュは、事前に設定すると楽天ペイアプリの支払いに充当できる。この楽天キャッシュを利用すればクレジットカードを設定しなくても楽天ペイアプリは利用でき、楽天カードを保有していれば都度決済、事前チャージ、どちらの方法でも利用できる。