7月1日にマイナポイント事業の申し込みがスタートしたことで、スマートフォン(スマホ)決済サービス周辺が再び盛り上がってきている。各社が同事業に紐づけることで、さらにお得になる独自の特典を競い合っており、どこを選択するべきか、非常に悩ましい。それとは別に通常のキャンペーンも多数展開されており、買い物上手なら見逃さずに活用したいところだ。

今夏もPayPayでお得が盛りだくさん! 対象の店舗は?

 PayPayは、7月1日からセブン-イレブン限定の「セブン-イレブンで当たる!ペイペイジャンボ」を実施中。同店舗でPayPayを利用すると、決済金額の最大10倍(1000%)のPayPayボーナスが抽選で当たるというものだ。1000%還元の1等当選者に10倍、100%還元の2等当選者に決済金額の全額、3等当選者に5%のPayPayボーナスを付与する。期間は7月31日まで。
 

 早くも発表されている8月のキャンペーンは、「まちのお店でペイペイジャンボ」と「3,000万ユーザー突破記念!大感謝ジャンボ」の2本立てとなる。前者は、PayPayが指定した中小規模の加盟店で決済金額の最大10倍を還元。後者は、8月1日・2日の2日間限定キャンペーンで、期間中にPayPayを利用すると5回に1回の確率で最大20倍を還元する。
 

 もう一つ、見逃せないのが地域限定の還元キャンペーン。こちらは、外出自粛による経済の停滞を解消するため、PayPayが全国の地方自治体と組んで展開しているものだ。現在、静岡県の掛川市や浜松市、大阪府、埼玉県の秩父市などで実施されており、今後広い地域に拡大していく予定だ。
 

au PAYは最大13%還元の生活応援企画を開催中!

 au PAYで必ず押さえておきたいのが、ローソンとコラボレーションした生活応援企画だ。ローソンの対象店舗(ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100)でau PAYを利用すると、いつでも誰でも4%ポイント還元するキャンペーンだ。末尾に3がつく「三太郎の日」が7%、auユーザーが10%、auスマートパスプレミアム会員が13%と、還元率がアップする。
 

 また、飲食デリバリーキャンペーンとして出前館とピザハットで最大10%を還元する施策も行っている。au PAY カード・au PAY プリペイドカード・auかんたん決済によるオンライン上での支払いが対象で、200円ごとに20ポイントを加算する。還元上限は2000ポイント/月。
 

LINE Payは駅の券売機で現金チャージが可能に!

 日本で初めて駅の券売機で現金チャージが可能になると報じられたのが、LINE Pay。対応するのは東急線各駅で、7月15日にサービスを開始する。方法は、「LINE」アプリで券売機に表示されるQRコードを読み取り、現金を券売機に投入してチャージするという簡単なもので、手数料もかからない。
 

 また、LINE Payは7月10日から16日まで「LINE Payシネマウィーク」を開催中。映画鑑賞チケットをインターネット販売システム「vit」上で「券種」に「LINE Payシネマウィーク」を選び、LINE Payで購入すると、一般・大学生が税込み1200円、高校生以下が税込み900円となる。
 

 新型コロナウイルスの感染拡大はまだ収まっておらず、外出自粛の傾向が続いている。小売店や商業施設には新しい販売手法に活路を見出しているところもあるので、スマホ決済のキャンペーンを利用しながら、安心して買い物できるスタイルを模索するのもいいかもしれない。(BCN・大蔵大輔)