• ホーム
  • トレンド
  • 7月15日に公開、XFLAGプロジェクトによるオリジナルショートアニメ「XPICE」

7月15日に公開、XFLAGプロジェクトによるオリジナルショートアニメ「XPICE」

時事ネタ

2020/07/10 14:00

 ミクシィの「XFLAG(エックスフラッグ)」は、オリジナルショートアニメーション作品「XPICE(エクスパイス)」を7月15日19時からXFLAG ANIME公式YouTubeチャンネルで公開する。

XPICE

 XPICEは、女性4人組アーティスト「SCANDAL」とのコラボレーションによって実現したもので、SCANDAL自身が同作品をイメージして描き下ろした新曲「SPICE」と、映像とを掛け合わせることで生まれた、新たな表現の形を楽しめる。また、7月8日にティザー動画を公開している。

 アニメ映像は、マーザ・アニメーションプラネットと、Spooky graphicの協力のもと、フルCGをベースに作画を組み合わせる、新たなアニメの表現方法に挑んでおり、制作効率の向上を目的に、ゲーム制作に使用される開発ツール「Unity」を活用して制作が行われた。Unityの活用によって、ゲーム制作をはじめとしたコンテンツ展開が容易になり、メディアミックスの幅が広げられる。

 本編は、“勇気と理解”“ともに闘うこと”をテーマに、さまざまな人や文化が交差し、ぶつかり合う街「香京(コウキョウ)」を舞台として、ヒーロー組織「XPICE(エクスパイス)」のメンバーである「レッドペッパー」と「ワサビ」や、街に襲い掛かる謎の集団「ZEROGRAM(ゼログラム)」が登場する。
 
「XPICE」の本編内イメージ

 XFLAGは、「異なる力の掛け合わせで世の中にないものを生み出し、世界に発信する」「それぞれの力、それぞれの才能を掛け合わせることで、1人では生み出せない“ケタハズレ”を生み出す」ことを信念に掲げ、社内外のクリエーターやアーティストのコラボレーションによって、新たなカルチャーを生み出すことを目的としたクロスクリエイティブプロジェクトとなる。

オススメの記事