• ホーム
  • トレンド
  • 「リモートトラベル」で地域を応援、ライブストリーミングサービス活用で

「リモートトラベル」で地域を応援、ライブストリーミングサービス活用で

販売戦略

2020/07/09 09:00

 WILLERは、新しい生活様式での旅行の新スタイルとして、ライブストリーミングサービスを使用し、離れた場所からでも実際に旅したかのような感動体験ができる「リモートトラベル」の販売を7月7日に開始した。

「リモートトラベル」のWebページ

 リモートトラベルは、「旅行したいけれど、なかなか遠方へ行くことができない」「困っている地域を応援したい」といった思いに寄り添い、実際に現地を訪れたようなリアル感と地域の人とのつながりを大切にし、さらにWILLERのもつソリューションを掛け合わせ、アーティストとオンラインでつながることができるライブ配信サービス。

 第1弾は、劇団EXILEのメンバーである小野塚勇人さん(所属:LDH JAPAN)などをスペシャルゲストに迎え、京都丹後鉄道(丹鉄)に乗って城崎温泉へ旅する。丹鉄沿線の自然や絶景を車窓から楽しみながら、沿線の観光地へ訪れ、城崎温泉に宿泊する1泊2日の旅となる。オンラインでアーティストとともに旅行を楽しむだけでなく、現地の生産者や観光列車のアテンダントのトークを聞きながら、大好きなアーティストとともに手元に届いた食事を楽しめる。

 さらに、今回のプランでは、新型コロナ復興支援として地域を応援するため、参加者が購入したプラン料金の一部をWILLERがコロナ復興支援金として地域に寄付する仕組み(支援金額は視聴者人数に応じて決定)となっており、ツアーに参加するだけで地域を応援することができる。

 ライブ配信日時は、7月26日19時から20時30分まで。料金は、「ライブ配信+郷土料理(丹後ばらずし)プラン」(先着100人)が3480円、「ライブ配信のみプラン」が1500円、「郷土料理(丹後ばらずし)のみプラン」が1980円、「アーカイブ映像」が980円。

オススメの記事