パナソニックは、ミラーレス一眼カメラ「LUMIX」によるストリーミング配信を可能にするPC向けソフトのベータ版「LUMIX Tether for streaming(Beta)」を6月8日に公開した。

PCとUSB接続した「LUMIX」でライブストリーミング配信が可能に
 LUMIX Tether for streaming(Beta)は、PC用ソフト「LUMIX Tether ver.1.7」をベースに、需要が急速に拡大しているストリーミング配信用途に配慮して改良したソフトウェア。

 従来、「LUMIX Tether」では対応するLUMIXとPCをUSBケーブルで接続し、同ソフトを起動することで、カメラのライブビュー映像や制御パネルなどをPCの画面に表示させ、リモートコントロールが可能だったが、LUMIX Tether for streaming(Beta)はカメラのライブビュー映像のみを表示できる「LIVE VIEW mode」を新たに搭載している。

 LIVE VIEW modeをオンにすると、制御パネルやAF枠が非表示となり、カメラのライブビュー映像のみが表示されるので、ライブストリーミングソフトウェアと組み合わせることで、PCの画面をキャプチャーしてストリーミング配信する際などに、快適に使える。
 
「LUMIX Tether for streaming(Beta)」によるライブストリーミング配信手順

 対応するLUMIXは、「LUMIX G9 PRO」(DC-G9)、「LUMIX GH5」(DC-GH5)、「LUMIX GH5S」(DC-GH5S)、「LUMIX S1R」(DC-S1R)、「LUMIX S1」(DC-S1)、「 LUMIX S1H」(DC-S1H)。PCの対応OSはWindows 10となる。