パナソニックはハイエンド機並みの性能・操作性を求めるハイアマ向けのミラーレスデジタル一眼カメラ「G99」を5月23日に発売する。最上位「G9 PRO」の下位モデルとして、フォトグラファーやビデオグラファーを含むハイアマ層のすそ野を広げる。14-140mm防塵防滴レンズをセットにしたHキット「DC-G99H-K」の価格はオープンで、税別の実勢価格は16万5000円前後、ボディ単体の「DC-G99-K」は12万5000円前後の見込み。

LUMIXのハイアマ向けモデル「G99」

 センサーとISOはいずれもG9 PRO並みで、2030万画素の「ローパスフィルターレス LiveMOSセンサー」と、ISOは200-25600とした。

 手振れ補正は、望遠域まで5段階分の補正効果が得られる「5軸5段 Dual I.S 2」を搭載。高速性能は、0.07秒の高速AFを実現する「コントラストAF+DFD」、約9コマ/秒の高速連写に対応する。
 
「G99」の概要

 新機能として、夜空の星の軌跡を撮影するときに、仕上がりを確認しながら比較明合成が可能な「ライブビューコンポジット」も搭載した。

 G9 PROの快適な操作体系も継承して、WB/ISO/露出が素早く切り替えられる「3連ボタン」と前後ダイヤルとしたほか、グリップは、深くてホールド感のあるシボ加工を施した。背面モニターの操作も、タッチ式ではなく、ホイールを回しながら、より直感的に操作できるダイヤル操作を前提としたメニュー構成にした。
 
WB/ISO/露出の「3連ボタン」と前後ダイヤル

 動画性能は、4K30P(FHD60P)を時間制限なしで撮影できるほか、パナソニックのV-LogLがプリインストールされているためLog撮影も楽しめる。