ビックカメラは「Pontaポイント」に「au WALLET ポイント」が統合されたことを記念して、グループ全店舗で7月31日までキャンペーンを実施している。期間中にスマートフォン決済サービス「au PAY」で支払うと、通常還元のビックポイント8%分に加え、4%分のPontaポイントを付与する。さらに条件を満たせば、7月3日、13日、23日(三太郎の日)は実質最大21%還元になる。

7月にビックカメラで買い物をするならau PAYがお得

 同キャンペーンには、auユーザー以外も参加可能。平常時の還元率は同じだが、三太郎の日は還元されるPontaポイントが変わってくる。auユーザー以外は7%(合計15%還元)、auユーザーは10%(合計18%)になる。なお、月額499円の「auスマートパスプレミアム」会員なら、さらに3%上乗せになり、auユーザー以外は10%、auユーザーは13%還元になる。

 つまり、ビックポイントとPontaポイントを合計した還元率を21%にする条件は大きく四つ。(1)ビックポイントユーザーで(2)auユーザーかつ(3)auスマートパスプレミアム会員が、(4)三太郎の日にビックカメラでau PAY払いをする必要があるということだ。支払い方法は、au PAYアプリ(バーコード決済)、au PAYカード、au PAYプリペイドカードが対象になっている。

 また、Pontaポイントの還元上限は、会計1回につき300ポイントで、月3000ポイントまで。最大還元率で最大限利用するなら、約2308円の買い物を10回繰り返すことになる。ビックカメラは家電以外に日用品も販売しているので、必要なものを選んで購入するとお得な買い物ができるだろう。