6月30日にキャッシュレス消費者還元事業が終了したのも束の間、翌日の7月1日にはマイナポイント事業の申し込みがスタートした。9月から実施される同事業は、対象のキャッシュレス決済を行うことで決済金額の25%(上限は5000円相当)を還元するというもの。肝となるのは、登録できるキャッシュレスサービスが一つのみということだ。この枠を巡って、各社が相次いで独自のキャンペーンを打ち出している。7月のキャンペーンと合わせて、紹介していこう。

マイナポイント事業の紐づけはどこがお得?

 マイナポイントに紐づく各社のキャンペーンの形式はさまざまだ。還元ポイントを上乗せするシンプルなものから、リターンの大きいくじ、通常の還元率アップまである。一概にどこがお得とはいいづらく、使い方や普段利用しているサービスも考慮に入れる必要があるだろう。
 

 還元ポイント上乗せを採用しているサービスには、d払い・au PAY・メルペイなどがある。d払いが9月末までの登録で500ポイントを進呈、au PAYが残高チャージもしくはカード決済時に20%還元(上限は1000円相当)、メルペイが決済時に5%還元(上限は1000円相当)となっている。
 

 ダークホースで注目したいのが「ゆうちょPay」。キャンペーンのイメージは薄いが、今回のマイナ紐づけに関しては最大2000ポイント(新規ダウンロードと口座登録完了で500ポイント、マイナポイントの申し込みで1500ポイント)を付与することを発表している。

 くじを実施するのはPayPay。マイナポイントに登録すると、抽選で最大100万円が当たるくじを実施する。内訳は、1等の100万円相当が10人、2等の5万円相当が150人、3等の5000円相当が1500人、4等の500円相当が15万人。少額で確実のポイントをゲットするか、大きなチャンスに賭けるか、悩ましいところだ。
 

 また、楽天ペイは通常の還元率アップという分かりやすいプランで勝負してきた。通常の還元率を1.5%にすることでマイナポイントの25%と合わせて、最大26.5%を還元する。マイナポイントの還元は上限付きだが、楽天ペイ自体の還元に上限がないので、多く利用するほどお得になる。
 

7月のPayPayはセブンがお得! 8月のキャンペーン内容も発表

 ここからは、マイナポイント事業との紐づきではない直近の独自キャンペーンを紹介していく。PayPayは、7月1日からセブン-イレブン限定の「セブン-イレブンで当たる!ペイペイジャンボ」を開始した。期間は7月31日まで。

 セブン-イレブンでPayPayを利用すると決済金額の最大10倍(1000%)のPayPayボーナスが抽選で当たるというもので、1000%還元の1等当選者に10倍、100%還元の2等当選者に決済金額の全額、3等当選者に5%のPayPayボーナスを付与する。
 

 また、8月のキャンペーンとして「まちのお店でペイペイジャンボ」と「3,000万ユーザー突破記念!大感謝ジャンボ」を発表。前者がPayPayが指定した中小規模の加盟店で決済金額の最大10倍を還元、後者が8月1日・2日の2日間限定キャンペーンで期間中にPayPayを利用すると5回に1回の確率で最大20倍を還元する。
 

au PAYはローソンがお得! 最大13%還元の生活応援企画

 au PAYは、ローソンとコラボレーションした生活応援企画を6月1日から実施中。ローソンの対象店舗(ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100)をau PAYで支払うと、いつでも誰でも4%ポイント還元するキャンペーンだ。末尾に3が付く「三太郎の日」で7%、auユーザーであれば10%に還元率がアップする。
 

 7月はさらにパワーアップし、太郎の日の還元率アップに「auスマートパスプレミアム会員が最大13%」という条件が追加されている。終了日は未定なので、長く恩恵が受けられそうなキャンペーンだ。

メルカリでdポイントを連携すると20%還元

 6月11日からメルカリが実施しているのが、「dポイント+20%還元キャンペーン」。同サービスでdポイントを連携すると、通常ポイントに加えて購入金額の20%を還元する。還元上限は1000ポイント。7月31日まで実施している。
 

 キャッシュレス消費者還元事業が終了したのは非常に残念だが、その分、各社の独自キャンペーンが勢いを取り戻しつつある印象だ。オフライン・オンライン問わず、利用できる場所が広がっていることもユーザーからするとうれしい。マイナポイント事業と合わせて、今後もフル活用してお得に買い物したいところだ。(BCN・大蔵大輔)