• ホーム
  • 業界動向
  • この切れ味、たまらん 「ロータリーカッターLL型」は常識を覆す!?

この切れ味、たまらん 「ロータリーカッターLL型」は常識を覆す!?

トレンド

2020/07/12 17:30

 【思わず使いたくなる文房具あれこれ・18】 カッターといえば“ナイフ型”が一般的だが、今回、紹介するカッターは一味違う。カッターはカッターでも、その見た目はまるで“ピザカッター”だ。ネット上でも、「直線も曲線も自由自在!」「裁断がサクサク進む」などと好評。では、実際のところはどうなのだろうか。

60mm円形刃搭載の「ロータリーカッターLL型」を試す

 過去にグッドデザイン・ロングライフデザイン賞に輝いたことのある、オルファの「ロータリーカッターLL型」。価格は1380円(税込み)とカッターにしては少々お高めだが、使い心地は“値段以上”といっていい。
 
見た目はまるで“ピザカッター”だが、果たして使い心地は?

 さすが“LL型”とうたうだけあって、一般的なカッターよりもビッグサイズ。刃に直径60mm円形刃が装着されていて、よく見ると刃の周りに“ブレードカバー”が付いている。厚物や重ね切りに適しているそうで、ゴムシートなどの切りにくい素材もカットできるという。
 
ブレードカバーのおかげで安全面もばっちり!

 切れ味を確かめてみよう。まず、ブレードカバーを取る際は黒いでっぱり部分を“押しながら”手前に引いていく。引くだけではビクともしないので、万が一、子どもの手に渡っても安心(もちろん手に渡らないことがベスト)。実際にやってみたところ、すんなりカバーを引っ込めることができた。
 
“でっぱり部分”を手前に引くと…
 
ブレードカバーが引っ込む仕組み

 さらに、ビニールシートを試し切りした際、今までにない切れ味を実感。刃を当てたところから奇麗に切りこみが入り、円形刃を転がす度に確かな切り心地を感じた。それこそピザカッターのような感覚で切れるため、普通のカッターよりも断然使いやすい。
 
今までにない抜群の切り心地を体感

 正直、「カッター=使いにくい」というイメージがあったが、そんな先入観を見事に覆してくれた。段ボールの開封や工作など、カッターを使う機会が多い場合には、またとない代物だろう。(フリーライター・藤崎恭弥)

※記事中の価格、情報はライター購入時のAmazon実売価格・情報です。

オススメの記事